SUMMIT GALLERY
Angkor Wat カンボジア アンコールワット世界セカイ自然シゼン遺産イサン
アンコール・ワットは、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築。
12世紀中ごろに繁栄を極めたクメール王国の都城を、クメール語でアンコールと呼ぶ。歴代の王が大規模な建設事業を行ったが、
木造建築物はすでになく、現在残っているのは石造の寺院や神殿のみである。代表的なものがこのアンコールワットで、
世界最大の石造寺院といわれている。アンコールワットは堀に囲まれた広大な敷地に、3つの回廊と7基の堂塔からなる。
アンコールワットのクチ シェムリアップ空港クウコウ シェムリアップ空港クウコウ
世界セカイ自然シゼン遺産イサンアンコールワット アンコールワットをカコホリ
アンコールトム遺跡イセキ アンコールトム遺跡イセキ
遺跡イセキやす大木タイボク(自然シゼン破壊ハカイ?) ソラにそびえる「チークのダイ
ゾウ外貨ガイカ獲得カクトク貢献コウケン ゾウカベ(350トウ)、フルくからゾウ尊敬ソンケイ象徴ショウチョウ
アンコールワット視察団シサツダン シェムリアップの中心街チュウシンガイ
北朝鮮キタチョウセン国営コクエイのレストラン 北朝鮮キタチョウセン国営コクエイのレストラン